Quality Assuranceで信頼性の高いブランド体験を創造

古くて不適切なコンテンツ、リンク切れ、現在使用していないブランディングや文言を特定し、Webサイトコンテンツの状態を最適化することができます。Siteimprove Quality Assuranceを使用すれば、確信を持って優れたブランド体験を維持できるため、新しく独創的なブランド開発に注力することができます。Webサイトに現実性と競争力を持たせるには、洗練され、信頼できるものである必要があります。Siteimproveは、競争力が高く、優れたユーザー体験の創造に貢献します。

コンテンツの品質を高めてストレスフリーのユーザー体験を

お客様のブランドの評判を守りながら、スムーズなブランド体験をユーザーに提供することができます。スペルミス、リンク切れ、リーダビリティの不備といった問題を見つけるためにコンテンツを深く調べることで、コンテンツの品質およびパフォーマンスに関する深いインサイトを得ることができます。コンテンツの品質を向上させることは、Webサイトユーザーとの関係強化につながります。

品質チェックを自動化して確認漏れを防止

Siteimprove Quality Assuranceにより、ユーザーが気付く前にエラーを探し出すことができます。Siteimproveのプラットフォームにより、優れている箇所や、重大な問題のある箇所を視覚的に把握できるため、最も重要な問題からすぐにチームとして対処できるようになります。CMS Deeplinkingを介してエラー箇所に直接たどり着き、簡単にデータをエクスポートして、関係者とスナップショットを共有できます。Siteimproveの視覚的かつ直感的なプラットフォームにより、コンテンツエキスパートでなくても、すべてのプロセスを完了できます。

データに基づいてコンテンツ修正項目に優先順位を付与

限られた時間で膨大な修正項目に対処しなければならない場合、どこから着手すればよいか迷うことがあります。SiteimproveのQA(Quality Assuranceプラットフォームが付ける優先順位はとても明快です。概観を把握し、使用状況データを適用することにより、ユーザーへの影響が最も大きい箇所から修正に着手できます。Siteimproveの直感的なDCI Scoreを使えば、Webサイトの品質を向上するために最も効果的な修正項目を把握できます。

リーダビリティ

Webサイトのリーダビリティは、ビジネス用Webサイトでないがしろにされがちです。Webコンテンツと印刷媒体の読まれ方はまったく異なります。Webサイトは、流し読みされます。ページの内容が乏しいと判断すると、ユーザーはすぐにそのページから離れます。魅力的かつ読みやすいコンテンツを構築すれば、ユーザーのエンゲージメント率を高め、バウンス率(直帰率)を低減することが可能です。

  • 内容の乏しいページや分かりにくいページを特定
  • ユーザーに関心を持たれる言葉が使用されているかを確認
  • コンテンツの内容を的確に伝えることで、バウンス率を低減
Screenshot showing a graph of the readability level for the different pages of the website, categorized from "Very easy to read" to "Very difficult to read"

コンテンツ目録

Webサイト上のすべてのコンテンツの概要を把握することが可能です。また、すべての個別ページを詳しく調べることも可能です。

  • 自動更新によりコンテンツライブラリーの状況を常に把握
  • Webサイトの成長をグラフでモニター
  • 分類を構造化し、体系的なコンテンツライブラリーを維持
Quality Assurance内にある進捗グラフでページ数、ドキュメント数の変動を簡単に確認

リンク&スペルチェック

行き止まりページや間違いの場所をその場で発見して、ユーザーが気付く前に修正できます。

  • リンク切れやスペルミスを見逃さない
  • ページビューやクリック数に基づいて修正項目に優先順位を付与
  • ブランド固有のカスタム辞書を構築して、スペルチェックを高速化 
Sitiemproveダッシュボード内でスペルミス数、リンク切れ数を表示しているキャプチャ