Siteimproveの製品

Siteimproveを利用して、Webサイトの課題を見える化し、管理可能なタスクへと変化させましょう。

コアプラットフォーム

SiteimproveはスマートなWeb時代を生きるデジタルマーケターにとって役に立つコアプラットフォームをベースに構築されています。

全自動のWebサイトチェック、パフォーマンスメトリクス、そして業界ベンチマークを使えば、Webサイトの現状を一目で把握することが可能です。また、Siteimproveは全ページをチェックしてエラーやガイドラインに違反するものを検出できるだけでなく、それらのタスクに優先順位を付け、最重要課題から手早く修正していけるよう実践的なアドバイスを提供します。

さらに、主要CMSとのスムーズな連携やコネクターおよびAPIの提供によって、シームレスにWebサイトを管理・最適化することができます。

カスタマイズ可能なダッシュボード

Web編集者や開発者から経営層まで、誰もが自分に必要なデータを自分専用のダッシュボードで確認することができます。複数のWebサイトの情報やSiteimproveの各製品から得られるインサイトを1つのダッシュボード上で組み合わせられるだけでなく、必要な数だけダッシュボードを作成することが可能です。

Digital Certainty Index™

Digital Certainty Indexは、Webサイトが品質基準に達しているか、アクセシビリティ基準を満たしているか、検索エンジンで見つかりやすいかを、200以上のチェックポイントから測定します。また、絶えず変わりゆくデジタル世界の動向を反映するため、SiteimproveではDCI™スコアモデルを定期的に調整しています。

ポリシー管理

Siteimproveのポリシー機能はWebサイトをスキャンし、ブランドやスタイルの一貫性を確保したり、法的事項や規制ポリシーの違反がないかどうかを確認するサポートを行います。サイト上にプライバシーポリシーや利用規約のような必須コンテンツを確実に表示し、個人識別番号や昔のブランドロゴのような不要なコンテンツが表示されないよう徹底しましょう。

レスポンス監視

Webサイトを常時監視することは不可能です。Siteimproveはこの作業を代行し、何かあった場合にはすぐに報告します。Siteimproveのレスポンス機能は信頼性の高い監視と報告を年中無休で実施するので、重要なページがダウンした場合、誰よりも早く検知することが可能となります。

Siteimproveインテグレーション

Siteimproveインテグレーションによって、Siteimproveプラットフォームからのインサイトを必要な所で利用することができます。CMSプラグイン、DCIブラウザ拡張、カスタムAPIなど、何を使っていてもツールの切り替えや手動でのデータ共有は必要ありません。すべて連携することが可能です。

自動レポートおよびエクスポート

自動レポートを使えば、アクセシビリティ対応の進捗からアナリティクスのパフォーマンスまで、あらゆるレベルでWebサイトの透明性を確保できます。また、ステータスの更新をエクスポートすることで、必要なアップデートを適切な関係者に伝えることが可能となります。