すべてのユーザーのためのアクセシビリティ

Siteimproveでいうところのアクセシビリティとは御社サイト内にある情報に必要とするすべての人がアクセスできることを言います。世界中のデジタルにおける法令がどんどん整備されつつある昨今、会社はそのアクセシビリティガイドラインにのっとることが求められています。Siteimproveでは、包括的なデジタル運営を行うためのリソースを提供しています。

Image of Siteimprove's Accessibility feature that gives a comprehensive summary of all WCAG 2.0 issues detected

サイトのアクセシビリティチェックをしよう

Siteimprove Accessibilityでは、世界的なウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG2.0)に照らし合わせ、サイトのアクセシビリティを全体的に示します。ウェブ上のすべてのページやPDFにおいて、Altタグがない見出しや画像などアクセシビリティやユーザビリティに影響すると考えられる箇所を洗い出します。

Image of Siteimprove's Accessibility feature that lists and describes detected web accessibility issues and provides recommendations how to fix these issues 

アクセシビリティに関する問題の特定と解決

問題点に対して、その内容と解決案を同時に提示することで、修正をより早く行うことができます。それによりウェブアクセシビリティがより分かりやすいものになります。修正が必要な箇所はページ上に示されるため、どの部分をなぜ修正しなくてはいけないのか理解しやすく、作業の効率化が図れます。 

 

 

 

Image of Siteimprove's Accessibility progress bar that allows users to track improvements with ease

改善状況を可視化

アクセシビリティ対応は継続して行われる作業の一つです。WCAG2.0問題に多く取り組むにつれ、その改善状況を確認する必要が出てきます。Siteimproveは作業を記録し、その改善状況をダイナミックプログレスバーで可視化します。

Image of Siteimprove's Accessibility task delegation feature that allows to drive accountability among team members

作業分担の効率化

ウェブアクセシビリティに関する作業は時間を要します。作業効率を上げるためには、コンテンツ制作者、デベロッパー、そのほかの担当者に的確に作業を振り分けることが重要です。

リソース