行動マッピングでパフォーマンスを可視化

データは多く積み上げるほど分析は難しくなり、またそれをほかの人に説明するのはさらに困難になっていきます。クリック座標、サイト上の動き、スクロールパターンを元に、行動マッピングはユーザーの動きを具体的にかつシンプルに表示します。

Image of Siteimprove's Behavior Maps feature showing an exemplary Heat Map

ユーザー行動の可視化

ページ上のクリックされた場所、タッチされた場所を集約して表すヒートマップを使って、ユーザーの動きを把握しましょう。動きの量により、暗い色から明るい色まで色分けをして表します。クリックマップで質量を見せることで、インタラクティブなページのパフォーマンスを可視化します。

Image of Siteimprove's Behavior Maps feature showing an exemplary Scroll Map

データを元にしたデザイン

ヒートマップにより重要なデザインの不備を見つけることができます。例えば、ユーザーがリンクのない画像を何度もクリックしていることがわかれば、もっと直感的なページへの修正が可能となります。また、スクロールマップによりコンテンツ量が多いページを分析し、重要な情報を配置するのに適当な場所を判断するのに役立ちます。

Image of Siteimprove's Behavior Maps feature showing an exemplary Segmentation Map

ターゲットユーザーをもっと効果的に狙う

セグメンテーションマップの使用により、さまざまなユーザー層の志向やクリックパターンを比較分析することができます。この分析結果を使って、より関連の高いコンテンツ作りやターゲットユーザーに魅力的なキャンペーンを提供することが可能となります。

Image of Siteimprove's Behavior Maps feature showing an exemplary Click Map

ステークホルダーへのレポート

ステークホルダーへの分析結果の報告は時に難しい場合があります。行動マッピングを共有することでレポートは簡素化され、ユーザーの行動を簡単に理解できるようになります。このことで、よりよい結果報告をすることができるようになるでしょう。