Siteimproveのデータを必要な場所に

Siteimprove CMSプラグインはお使いのコンテンツ管理システムとシームレスに連携させることができるので、自社サイトのパフォーマンスをいつでも鳥瞰的に見ることができます。

コンテンツ制作フローにアナリティクスデータを活用

コンテンツ編集者は理想的なユーザー体験を実現できるよう、アナリティクスデータを利用して重要なビジネス上の決定を行い、Webサイトを最適化することができます。

問題になる前にエラーを修正

コンテンツに関するインサイトを利用することで、ページ公開後すぐにエラーを修正することができ、ブランドの整合性を保つことができます。

Webサイトを効率よく管理

DCI™スコアを利用して品質管理、Webアクセシビリティ、SEOにおける自社サイトのパフォーマンスをモニタリングすることができます。

Siteimproveプレミアムプラグイン

Adobe Exchange Experience Cloud パートナープログラムに参加している12のプレミアムレベルパートナーの一員として、SiteimproveではAdobe Experience Manager(AEM)とのインテグレーションを提供しています。

Siteimproveが提供するプラグイン

Siteimproveが提供しているプラグインはパートナーを含め、Siteimproveで開発されたものです。これらのプラグインに関するサポートはSiteimproveサポートが提供しています。

ベンダーにより提供されたプラグイン

以下のプラグインはCMS開発ベンダーとSiteimproveのコラボレーションにより開発されたものです。これらのプラグインのサポートはCMS開発ベンダーによって提供されます。詳細に関してはそれぞれのプラグインページをご覧ください。

コミュニティプラグイン

以下のプラグインは第三者企業もしくはコミュニティにより開発及びサポートされているものとなっています。Siteimproveではこれらのプラグインのサポートは提供しておりません。サポートに関する詳細はそれぞれのプラグインページをご覧ください。

ダウンロードすることにより、 SitiemproveのCMSプラグインの利用規約に同意するものとします。.

Siteimproveではセキュリティ強化に伴い、Siteimproveが提供するプラグインを利用するにあたり、トランスポート・レイヤー・コミュニケーション(TLS)をバージョン1.2にアップグレードすることを最低要件としていることをご了承ください。CMS環境を.NETテクノロジーでご利用中のお客様はTLSバージョンをTLS1.2にアップグレードすることをお願いしています。詳細については、Siteimproveの情報セキュリティマネージャーであるVictor-Alexandru Truicaが記載しているセキュリテイブログ記事をご参照ください。

ご利用されているCMSがありませんか?弊社のお客様はCMSプラグインコミュニティにてプラインの開発希望を共有することができます。

CMSプラグインの利用方法


CMSでコンテンツを作成またはアップデートして公開します。

SiteimproveがWebページを確認してパフォーマンスに問題がないかどうかを検証します。

変更を反映してから数分後にSiteimprove CMSプラグインから提供されるフィードバックを利用して、コンテンツの最適化を行いましょう。