Google広告の費用効果を最大化

Siteimprove Adsの実利的なインサイトにより、手間のかかる広告の最適化が素早く簡単に行えます。また、自動チェックと実用性の高い提案により、日常的なサイトの調節が不要になり、お客様は戦略と成長に集中できます。広告の最適化、更新について明確な方向性を示し、社内外のチームを協調させましょう。お客様のGoogle Adsアカウントを接続して目標しきい値を設定するだけで、関連性のないデータの仕訳に時間を浪費することなく、最適化を開始できます。

広告を最適化し、より多くのトラフィックを

注意が必要なキャンペーンを特定し、取り掛かるべきタスクに優先順位を付けデータを提供します。Siteimprove AdsはGoogleの品質スコアを読み解き、そこからくる影響をキャンペーン、広告グループ、キーワードレベルでハイライトします。広告の関連性、推定クリック数(CTR)、ランディングページの利便性が、どのようにお客様の広告コストに影響しているか、また、どこで貴重なクリックの機会を逃しているかを簡単に把握できます。また、Siteimprove Adsの提案を基に、具体的な対策を立案し、今すぐ広告の最適化を開始し、より低コスト、より多くのトラフィックを得ることができます。

ランディングページを最適化し、コンバージョン率を向上

ランディングページは、ユーザーにサイトの印象を与え、トラフィックをコンバージョンへとつなげるための重要なページです。Siteimprove Adsは、コンバージョン阻害要因を自動検知し、修正箇所に優先順位をつけて提供します。Siteimprove Analyticsと一緒に利用することで、各ランディングページにおける訪問者の行動をヒートマップで把握することもできます。重要度レベルに応じて問題に優先順位を付けたあと、CMSに直接ジャンプしてランディングページを編集し、コンバージョン率向上へともっていきましょう。

予算を最適化し、無駄のない動きを

広告費用のどの部分が利益を上げており、どの部分が利益を上げていないかを把握するには非常に時間がかかります。Siteimprove Adsは自動的に、軌道に乗っているキャンペーンをハイライトするとともに、注意が必要なキャンペーンをお客様にアラートします。広告費用全体を評価して、時間やお金を浪費している領域を簡単に特定できます。また、もっともパフォーマンスの高いキーワードやコンバージョンにつながっていないキーワードを把握するとともに、実用的な改善提案をチーム内で、また代理店と検討することができます。より効率的に予算を配分し、費用対効果を高めることができます。

品質スコア分析

有料検索について考えるとき、Googleの品質スコアを避けて通ることはできません。品質スコアは、キーワードおよび広告の品質と関連性の評価のみならず、クリック単価(CPC)の把握に重要な役割を担っています。品質スコアを最適化することにより、投資対効果を高めることができます。

Siteimprove Adsは、広告の関連性、推定クリック率、ランディングページ上でのユーザー体験の3つのレベルで品質スコアを分析します。以下の内容が一目で確認できます。

  • キャンペーン、広告グループ、キーワードレベルで、品質スコアの影響を評価する
  • 費用節減の可能性を持つキーワードや広告をクリック1つで特定する
  • 品質スコアを改善するためにすべきことを把握する
  • 品質スコアの変化やコストの増減を経時的にモニターする

ランディングページの最適化

ランディングページは、集客の原動力です。ランディングページを最大限に活用するには、ランディングページのベストプラクティスに従うことと、広告グループに関連するページを作成して訪問者にシームレスな体験を提供することが非常に重要です。

Siteimprove Adsは、40種類以上のコンバージョン阻害要因を特定し、それらを重要度レベルに応じて分類します。これにより、最適化作業の優先順位付けや外部委託を容易に行えます。さらに、以下のことが行えます。

  • すべてのランディングページ、参照元広告、パフォーマンスを概観する
  • 早急な対応を要する優先度の高いランディングページを特定する
  • Siteimprove Analyticsおよびヒートマップを統合して訪問者の行動を把握する

予算分析

デジタル広告予算を最大限に生かすために、ピボットテーブルやスプレッドシートを手作業で何時間もかけて分析しなければならないことがよくあります。しかし、このような作業は不要です。Siteimproveでは広告予算を自動的に監査できますので、どこで予算が浪費されているか、どこに予算を集中すべきかがわかります。予算分析を使えば、手作業によるレポート作成は不要になり、以下が可能になります。

  • 広告投資のどの部分が正当で、どの部分に見直しが必要かを詳細に強調表示する
  • コンバージョンにつながっているキーワードとつながっていないキーワードを素早く特定する
  • よりスマートな予算割り当てのために、明確なキーワード提案を行う