あらゆるユーザーがアクセスできるWebコンテンツを

規定のアクセシビリティ基準に沿ったWebサイトを運用することは、これまで「やっておくと良い」と見られていましたが、今やすべてのブランドにとっての必須条件となってきています。すべてのWebサイトはユニバーサルデザインの原則を満たすことをユーザーは期待しています。すなわちWebサイトは、障害者を含むすべての人にとって使いやすいものでなければなりません。しかし、ページ、リンク、メディアファイル、PDF、コンテンツすべてを可視化しなければ、あらゆる面でアクセシビリティの高いWebサイトを構築するのは困難です。Siteimproveツールを使えば、すべてのWebアセットやPDFを網羅的に確認でき、アクセシビリティ問題の修正作業にすぐに取り掛かることができます。アクセシビリティ問題は、ブランドイメージに悪影響を与え、障害を持つユーザーの疎外、コンバージョン率が下がるなどと様々なものへと繋がります。

アクセシビリティに関する複雑な問題をわかりやすく優先順位を付けたタスクに分類

Siteimproveでは、問題が発生しているコンテンツの場所、適合レベル、修正の難易度に基づき、問題に優先順位を付与することができます。これにより、ユーザーのブランド体験に悪影響を及ぼす障壁を効率的に排除できます。初めからアクセシビリティのエキスパートである必要はありません。Siteimproveはページやコードをハイライトすることで問題を特定します。また、Siteimproveは知識提供機能を組み込んでおり、ユーザーやユーザーチームにコンプライアンスを指導し、今後のアクセシビリティの問題を防止するベストプラクティスを導入しています。

簡単に達成度を測定しアクセシビリティコンプライアンスの進捗状況を報告

履歴グラフや固有の DCI Scoreを使用して、サイト全体のコンプライアンスの進捗状況を実証し、成果を業界標準に対してベンチマークします。Siteimproveの包括的な DCI Score、カスタマイズ可能なダッシュボード、自動化されたアクセシビリティレポートにより、社内外で進捗状況を簡単に測定・記録しながら、チームの意欲を維持して順調な進捗を実現できます。

法的・風評リスクから組織を保護

Siteimproveは Webアセットの全体像を提供します。ページ、PDF、コンテンツをすべて WCAG基準と自動的に照合することにより、ユーザーはアクセシビリティコンプライアンスに向けた作業に一貫して取り組みむことができ、訴訟やブランド価値低下の可能性を確実に回避できます。自動化されたアクセシビリティ監査では、膨大なページを監視できることで、デジタルアセットの一般的な問題を容易に発見でき、サイト全体に影響を与える修正を加えることでコンプライアンスの実現に近づきます。

自動化されたアクセシビリティチェック。

Siteimproveは、WCAG基準に厳密に準拠する自動化されたテストを提供します。これにより、すべての適合レベルにわたる問題やエラーを特定できます。自動化されたテストを使用すると、複数のサイトで数十万に及ぶページを同時に監査でき、迅速な対応が必要な Webサイトの要素に優先順位を付けることができます。Siteimproveは、自動化されたアクセシビリティテストを PDFに対しても実行し、アクセスしやすくわかりやすい PDFを実現します。

アクセシビリティチェックが適合レベルによってフィルタリングされているキャプチャ

ガイダンスと行動につながる提案。

アクセシビリティガイドラインを熟知した専門家である必要はありません。Siteimproveは包括的なブランド体験を創造しながら、すべてのユーザーが必要な情報にアクセスできるように保証します。アクセシビリティ基準を重要な作業一覧にまとめます。これには、問題に関する明確な説明、問題の解決方法に関するアドバイス、公式 WCAG手法への参照が含まれます。

ツール内でアクセシビリティ問題の概要及び直し方について説明しているもののキャプチャ

問題をハイライト。

ページレポートを使用すると、アクセシビリティの問題が Webページ上またはソースコード内で直接ハイライトされて表示されるため、スクロールして問題を探す無駄な時間がなくなります。CMSディープリンクでは、Siteimproveプラットフォームの問題から CMSの対応するページに直接移動して問題を修正できます。また、ページレポートでは、その他の品質保証の問題(ユーザー体験に悪影響を与えるリンク切れ、スペルミス、SEOの問題など)についてクロスチェックを実行することもできます。

ツール内でタスクをエディターとしてフィルタリングしているもののキャプチャ

アクセシビリティの問題の分類。

問題があるサイトの場所に応じて、アクセシビリティの問題を整理してフィルターを適用できます。これにより、どの問題を優先するか、どのチームが関与するべきかについてスマートな状況判断がしやすくなり、修復もスピードアップし、サイト全体で一貫した成果を達成できるようになります。

ソースコード内で問題をハイライト表示しているもののキャプチャ

進捗状況の監視。

アクセシビリティの問題を適切に管理し、アクセシビリティの適合に向けた進捗をわかりやすい文書により明文化します。解決されたアクセシビリティの問題および解決事項がアクセシビリティスコアに与える影響度に関する詳細な情報を提供でき、作業の追跡を容易にします。進捗状況と成果を他のチームや主要な関係者と共有することで、連携を確保し、アクセシビリティコンプライアンスを長期にわたりに実証します。

進捗モニタリングで過去6ヶ月のアクセシビリティ問題の変動を表示しているキャプチャ