高品質でインクルーシブなコンテンツ制作をサポート

増え続けるサイトコンテンツの全てを人力で管理することはできません。Siteimprove Content & Accessibilityを利用することで、Webページだけでなく、リンク、PDF、メディアファイルなど、あらゆるコンテンツの一覧を素早く確認することが可能です。また、アクセシビリティの問題や、リンク切れ、スペルミスといった品質に関わる問題も一目で特定できるので、組織のブランドイメージが損なわれることもありません。

最新のアクセシビリティ基準に準拠

サイトをWebアクセシビリティの世界基準に準拠した最新の状態に保ちましょう。Siteimprove Content & AccessibilityはWeb Content Accessibility Guidelines(WCAG 2)をベースにしているので、JIS規格(JIS X 8341-3)への準拠対応を進めることが可能です。

影響の大きな問題から修正

Siteimprove Content & Accessibilityが推奨する具体的な対応方法や当社独自のDCI™スコア、または貴社独自の基準に基づき、優先して対応すべきコンテンツとその課題を見極めましょう。

コンテンツをベストな状態に保つ

Webサイトを使いやすくわかりやすい状態に保つことは、ユーザー体験を向上させる上で大切です。ページレポートを使えば、問題点をページ上およびコード内でハイライト表示できるので、修正すべき箇所を簡単に把握できます。

Webサイトのパフォーマンスを100点満点で測定

SiteimproveのDCI™スコア、カスタマイズ可能なダッシュボード、自動レポートを活用することで、チームのサイト改善作業の進捗状況を簡単に見える化することができます。

コンテンツ目録

Webサイト内のすべてのコンテンツをしっかり管理しましょう。

  • 自動更新されるコンテンツライブラリ
  • Webサイトのコンテンツ増減を進捗グラフで確認可能
  • 構造化されたカテゴリーを利用したコンテンツ管理も可能
ページ数、リンク、ドキュメントなどが掲載された進捗グラフを表示している品質管理画面のスクリーンショット

リンク&スペルチェック

Webサイトに潜むリンク切れやミスを見つけ出し、ユーザーに気づかれる前に修正しましょう。

  • リンク切れやスペルミスの見落としを自動で検出してお知らせ
  • ページビューやクリックデータに基づき修正すべき優先順位を決定
  • オリジナルの辞書を作成しスペルチェックをより効果的に行うことも可能
特定されたリンク切れとスペルミスを表示しているSiteimproveダッシュボードのスクリーンショット

リーダビリティ

意図が正確に伝わる、理解しやすいWebコンテンツを作成しましょう(英語のみ)。

  • 情報が多すぎるページや、わかりづらいページを検出
  • サイト訪問者にとってわかりやすい言葉が使われているかどうかを確認
Webサイトのさまざまなページの判読性レベルのグラフを「非常に読みやすい」から「非常に読みにくい」まで分類して表示しているスクリーンショット

アクセシビリティ診断

ユーザーが探している情報に問題なくアクセスできるWebサイトづくりを実現しましょう。

  • アクセシビリティの課題を徹底的にリストアップ
  • 進捗グラフによる改善記録と達成度の見える化
  • 各ページのアクセシビリティの問題点と直し方をプラットフォーム内で説明
検出されたアクセシビリティの課題を準拠度と重大度のレベル別にカテゴリー分けしたスクリーンショット

品質管理&アクセシビリティダッシュボード

Webサイトの品質を明確に数値化することは簡単ではありません。また、WCAG 2.1のようなアクセシビリティ要件を満たすには、準拠に向けた取り組みを具体的に示すことが大切です。

作業の進捗を記録し、今まで行ってきた対応を提示できるようにすることで、関係者に説明責任を果たせるようにしておきましょう。また、QA(品質管理)とアクセシビリティのDCIスコアを使用して、Webサイトの現状を正確に把握しましょう。

品質管理モジュールの概要のスクリーンショット。分析したWebサイトのコンテンツのスコア、スコアの詳細、スコア改善のために修正すべきエラーなどを表示